法人保険について

 

経営者の保障
経営者に万が一(死亡や重篤な病気、大ケガなど)があった時に会社に与える影響は甚大です。保険加入によって、そのリスクに備えることができます。
法人税対策
会社の利益には法人税が掛かります。法人税を確実に削減する方法として法人保険があります。法人税は利益ではなく、所得に課せられます。つまり 所得=益金ー損金 ということになり、損金を増やせば税金は安くなりいます。法人保険では保険料の全部、または一部を損金としいて計上できます。
退職金の準備
法人保険には解約返戻金がたまっていくものがあり、それを将来の退職金に充てることができます。保障を持ちつつ退職金の準備ができる法人保険は魅力的です。
従業員の福利厚生
会社が軌道に乗り、人材の確保を考えた時に有効な手段として福利厚生の充実があります。社員に対する保障を持ちながら退職金の準備ができたり、保険料の一部を損金算入できたりと、会社の利益が大きくなってきたら、是非考えてみてください。
緊急予備資金の準備
会社を経営していると、今は順調でも、いつ天災などの不測の事態が発生するかわかりません。そんな時のために資金をプールしておく必要があります。また保険の種類によっては一部を損金算入できるものもあり、帳簿外に緊急予備資金を蓄えることも法人保険では可能です。経営を盤石なものにするためには大きなメリットの一つです。
事業承継・相続の準備
中小企業の経営者の方にとっては、事業承継が大きな問題となります。その対策の一つとして生命保険の活用は欠かせません。経営者に万が一の時の死亡保障としての役割もちろん、資産形成できる商品も数多くあります。後継者が相続する場合、その相続税が多額になり支払い困難に陥ったり、現金の準備はしていたものの持ち株の評価が思いのほか高くなり、現金不足に陥ったり、その対策として保険で準備することは有効な手段になります。
社用車(営業車)の補償
充実した補償とサービスで、相手のお体や車の補償はもちろん、ご自身のお体やお車、保険会社が示談交渉を行えないもらい事故などの時に役立つ、弁護士費用の補償など、様々なお車にかかわるリスクからしっかりとお守りします。
従業員のケガなどの補償
貴社の従業員が、業務に起因してケガや病気になった場合、高額な損害賠償を求められる可能性があります。労務上の災害は昨今多岐にわたりメンタルヘルス対策も重要です。このような様々なリスクを総合的に補償します。
財物損害・休業損害の補償
建物などの補償に加え。事故や災害いによる休業時の補償や、思わぬ事故での賠償リスクを補償します。
損害賠償の補償
事業活動にかかわる様々な賠償リスクを補償します。
 
資料請求先
〒592-0014
大阪府高石市綾園3-2-5-107
街の保険専科ベストステージ 資料請求係り 
E-mail:beststage@hokensenka.com